• カンボジアの送り出しで日本企業に新しい風を

    日本の社会は年々高齢化しています。

    企業も例外ではありません。

    少子化に絡んで若い人材がだんだん減ってきているというのが事実です。そんな日本企業に新しい風を入れてくれるのが、カンボジアの送り出し制度です。
    この制度は優秀なカンボジアの若者を日本企業に送り出し、数年間そこで研修させ、そこで学んだ日本の技術を母国に移行させるという目的で設立された制度です。
    この送り出しは元々中国人やベトナム人の若者が中心でしたが、最近ではカンボジアの若者が注目を浴びるようになりました。

    その理由としては、カンボジア人は自己主張を強くしないとても素直な気質を持っており、そのことが日本の「和」を重んじる会社の経営方針に合っているので、起業に派遣されても日本人とうまくやって行けるということが挙げられます。
    企業の方もこの送り出しの若者を受け入れることでたくさんのメリットを得ることができます。


    まずはマンネリ化した会社内に実習生が入ることで、会社の空気が変わります。

    カンボジアの外国人研修生の情報探しはこのサイトから初めてください。

    実習生に物を教えなければならないということが、今まで自分がやってきた作業内容を今一度振り返る良い機会になります。
    また、最初こそお互い戸惑うことがあったり言葉の壁があっても、実習生の一生懸命な姿に社員は心動かされ、自然と思いやりの精神が芽生えるようになり職場の雰囲気が柔らかくなるはずです。



    社会的にもカンボジアの送り出し制度を利用している企業は、国際化されている企業として広く認められるようになるという利点もあります。