カンボジアの送り出し機関とは
  • カンボジアの送り出し機関とは

    外国人技能実習制度では発展途上国の若い人たちを日本の企業が一定期間にわたって技能実習生として受け入れます。
    技術と知識を磨き経験を積み、帰国後に母国の経済発展に貢献してもらうという公的な制度です。

    カンボジアの実習生を利用してみる価値はありますよ。

    技能実習生は来日後1年間の実習終了前に技能検定を受け、合格するとさらに2年間滞在することができます。



    日本はカンボジアに対して長年多額の経済援助をしてきました。
    また自衛隊を派遣し地雷を撤去する支援事業も行っています。そのためカンボジアには日本に対して好意的な人々が多く、技術と知識を学ぶため来日する技能実習生も多数存在します。一般的に日本の企業が技能実習生を受け入れるまでの流れとしては、まず現地企業による実習生の候補者の募集が行われます。



    次に送り出し機関によって事前の教育と日本への送り出しを行います。
    送り出し機関には各国の政府が認定しているものがあり、カンボジアにも多数の認定送り出し機関が存在します。


    さらに日本側では監理団体が実習生の受け入れを行います。

    実習の実施機関となる日本企業は監理団体を通して実習生を受け入れることになります。

    来日した技能実習生の受け入れ先は機械製造業や金属工業、建設業、農林水産業や食品製造業まで多種多様なものが存在します。技能実習生が来日するには、送り出し側で能力や意欲など基準とした事前の選定を経ることが必要です。


    そのため彼らを受け入れる実習先の企業では、生産効率の向上や雇用の安定化といったメリットを期待することができます。

  • 難しくない教育

    • 日本の社会は年々高齢化しています。企業も例外ではありません。...

  • 教育の補足説明

    • 数多くの観光名所があるカンボジアはカンボジア王国が正式名称で、首都となるプノンペンは東南アジア好きのひとり旅を楽しむスポットとして人気があります。このカンボジアも東南アジアのほかの国と同様に貧富の差が激しい国でもあり、仕事に就けない方も多くいる国です。...

  • 教育コラム

    • よりよい生活を送りたい。そんなことを考えて外国で暮らしてみたいと思った時にもっとも身近な国や地域で挙げられるのが東南アジアです。...

  • 最新情報

    • プノンペンの人材派遣会社では、カンボジア国内で働いてみたいという求職者に向けて仕事の相談、およびマッチングを行なっています。カンボジアで外国人が働く場合に、雇用する会社が国内で仕事ができるために労働許可証を取得する必要があります。...